« 韓国語版のオファー ( 二重洗脳 ) | Main | 二重洗脳 重版について »

December 14, 2009

摂食障害

『同じ失敗を繰り返すぐるぐる巻きには、依存症と同じような
二重構造があるのでは?』

という仮説を立ててはみたものの、具体的には、
例えば、摂食障害についてなど、理解できずに悩んでいました。
(これは、治療に難渋するケースも少なくなく、
私の高校の同級生も亡くなっているし、因縁浅からぬ障害なのですが)

そんなもやもやした気持ちを抱えながら、
インターネットでフラフラしていたら、
女子大学生の書いたブログを見つけました。

絶叫ハーモニクス

思わず、応援している旨、メッセージを送ったら、

こんな返信が来ました。(引用の許可を得ています。)


+++++++

磯村先生

メッセージをありがとうございます!

まさか著作者様ご本人と直接コンタクトが取れるなんて!感激です。

ブログにある通り、私は今年6月から摂食障害(主に拒食とむちゃ食い障害)を発症してしまいまして、それに付随した精神の落ち込みなどに悩まされていました。ネット等を通じていろいろ治す方法を探してみたものの、なかなか上手く行かず悩んでいたところ、偶然立ち寄った本屋で『二重洗脳』に出会ったのです。

私はタバコもギャンブルもやったことがありませんが、先生の書かれた『二重洗脳』はまさに私の陥っている摂食障害の現状を的確に表していて、読み進むごとに『目から鱗が落ちる思い』を何度も経験しました。

先生の本に出会って一週間、おかげ様で過食の衝動に襲われることがあっても、『これがトリガーだな』『こんなところに関連性が…』などと気付くことができ、上手くやり過ごすことが出来るようになって来ています。こんなに穏やかな気持ちで日々を過ごすのは、この半年間で本当に久しぶりのことです。

先生には、いくら感謝してもしきれません。
無明のぬかるみを彷徨っていた私に『気づき』という福音を与えてくださって、本当に、ありがとうございました。


+++++++

おお、それはそれは(^^)、と私もとても嬉しく興奮したのですが、

その一方で、ふとわれに返ってみると、
摂食障害のどこが、「二重洗脳」なのかは、
自分にもわかりません。
これからの新しいテーマですね。

追伸:
その後、別のブログも見つけました。
スマイルプロジェクト

この人も、『二重洗脳』で、摂食障害が楽になったということです。


|

« 韓国語版のオファー ( 二重洗脳 ) | Main | 二重洗脳 重版について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30648/47022917

Listed below are links to weblogs that reference 摂食障害:

« 韓国語版のオファー ( 二重洗脳 ) | Main | 二重洗脳 重版について »