« NANA 5巻まで | Main | 「親に捨てられる」 »

November 30, 2006

待つことの意味

純:G社どうだった?
健一郎:自分は、一週間で書いた、リセパラの内容は、あくまで骨組みで、本の売られ方で、仕上げはかわってくると考えてた。それから、読者の禁煙成功を考えると、立ち読みのパラパラ読みは最悪で、袋詰めが必要とも感じていた。編集者のIさんは、「さもしさ」を感じてしまうのでまずい。という考えだった。
純:そこのリスクはもともとわかっていたけどね。

健一郎: 自分は、袋詰めにしないなら、具体的な売られ方についてのG社ならではのアイデアはあるのかとたずねてみた(自分の思いつく範囲で言えば、例えば、KR省のキャンペ-ンに乗り、化粧会社やTKN社とタイアップするとか)。
 彼らの考えは、びっくりするほど王道をいくもので、つまり、本自体の魅力を高めて、向こうから声がかかるのを待つ、という作戦。でもゆっくり考えてみると、焦って技巧に走るより、これもよいかなと考えが変わった。「チーズはどこへ消えた?をソニーが全社員に配った」みたいな話題が出たり、新聞や評論家に書いてもらうとか、広告を出すとか。押付けになってものってこないだろうし。

純:ふーん。素直なのね。
健一郎:うん。そこが僕のいいとこさあ? IさんとTさんは、拍子抜けするほど、本の内容に満足な感じだった。パワーアップしていると繰り返し言われたし、この中には健一郎ワールドが広がっているとか、はしの例えなんか、本当に面白いとか言ってくれた。

 実は、G社は、リセ禁を出すときに、本当は1番出してほしかった出版社だった。それが、待たされたけど、2作目で本当になるなんて、月並みだけど夢みたいだ。何とか、女性心理の部分をリセパラに入れたくて、出張の間、NANAを全部読んで、寝不足になったよ。NANAは五巻あたりで禁煙に挑戦してるね。この辺の分析はまた今度ね。

|

« NANA 5巻まで | Main | 「親に捨てられる」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30648/12875484

Listed below are links to weblogs that reference 待つことの意味:

« NANA 5巻まで | Main | 「親に捨てられる」 »