« February 2006 | Main | June 2006 »

May 31, 2006

ラジオでバトル

今日は午後五時半ごろから、電話で、ラジオに出ました。
相手のDJの人は、なんと、自らを「愛煙家」と名乗る人!

最初は、

・「しばらく吸ってなくてもなんともないし、いつでも禁煙できるから、禁煙する必要を感じない」

なんて、話になっちゃって、なんなく、「敵意」まで、感じてしまった、私でした。

でも、

・数日吸わないでいることと、もう一生、タバコとお別れって言うのは、違うんじゃない?

の質問で、ピン、ときてくれたみたいで、(さすがに感受性が鋭いぞ^^♪)そのあとは、話がかみ合う展開に。最後は、

・タバコを吸いながらでいいから、ゆっくりCD聞いてみては?

・ええ?!吸いながらでいいのお?

・そりゃそうじゃん(^^)納得づくで止めるかどうかきめればいいんだから、

のあたりで、エンディングとなりました。

◇かなり、楽しみです。いっそ止めちゃえ~!(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2006

ラジオ出演

 今日はFMラジオ局NACK5で、CDの元となった、相沢元気のNACKWITHYOUに出演してきました。CDの話題で話してきました。相沢さんは相変わらず元気で、
今回は、自分は少し緊張気味。でも、

家庭でできる禁煙カウンセリングCDです。
奥さん・お母さん。あなたが主治医。
お子さんや、ご主人と一緒に聞いて、禁煙の応援をしましょうね。

と話してきました。

 そのあと、東京六法出版の担当者さんと会いました。今のところ、DMなどの効果もあり、200枚ほどの売り上げとなっている、とのことです。ラジオ局へのプロモーション印税などの負担もあり、損益分岐点は、1000枚。なんとか、そこまではもって行きたいと思っています。

明日は電話で再度、NACK5に出演します。
17:25分ごろの予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2006

EAP

今日は、ある精神病院の院長先生に会いに行きました。
その先生は、名古屋で、EAP(雇用者のメンタルサポートをするプログラム)を行う、事業を立ち上げようとしています。
禁煙支援と組み合わせる可能性を探っているわけです。

リセット禁煙に興味を持っておられ、あって早々、リセット禁煙の話をさせていただきました。非常に、反応?がよくて、ドクターには珍しいタイプで、嬉しくなりました。話のつぼというつぼで、大笑いなさったのです。
 
 正直言って、会うまでは、どんな人か、少し心配していました。でも、あってみて、ほっとしました。そして、今度は、EAPの鍵を担うことになる、臨床心理士の人と今度三人で会いましょうと、という話になりました。非常に楽しみです。

明日は、大宮で、NACK5に出演します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2006

リセ禁にカウンセリングの勉強は必要か

Q&A 

Q:カウンセリングのスキルをつけてからでないと、自分にはリセット禁煙をする自信が持てないのですが・・・

A:確かに一般的なカウンセリングの勉強は役には立つでしょう。しかし、カウンセリングができるようになれば、リセット禁煙ができるようになる、というものでもないのです。事実、今までのカウンセリングでは、コーチングも含めて、依存症の治療は困難とされ、更正は自助グループによるサポートにゆだねられてきたのです。また、私自身、リセット禁煙を開発したときは、特別にカウンセリングについても、コーチングについても、トレーニングは受けていませんでした。

 自分はこの変化の早い時代に、特にオンザジョブトレーニングつまり、仕事をしながらスキルアップを求められている場合は、学習の方法もスピードアップが必要だと思います。手前味噌になりますが、リセット禁煙を学ぶことは、あらゆるカウンセリング、コーチングに通じる極めて加速された学習方法だと確信しています。


◇面接のトレーニング法として見たとき、リセット禁煙はの三つの特徴があります。

一つ目は、モデルとするシナリオが既にあること。これは、いわば、レシピを見ながら料理を作るようなもので、名人の秘伝の味を一気に真似ることができます。非常に加速された学習ができます。

二つ目は、禁煙できたかできないか、という明確な結果が出る、ということ。逆にいうと非常に厳しい側面ではあるのですが、指標が明確なだけに、自己満足に陥る危険はなく、目標めがけて、どんどんスキルが向上します。

三つ目は、対象がほぼ無限にあること。それこそスモーカーは世界中どこにでもいますから。

付け加えるとすれば、喫煙者はニコチン依存であるということの他は、メンタルな問題を抱えている人は例外的ですので、禁煙の話をしたからといってそれで、何か悪影響が出ることも考えにくいですし、何より、タバコの害の深刻さを考えると、難しく考えないで、とにかくやってみたらよいのでは、と思います。案外取り越し苦労だとわかるかもしれませんよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リセ禁DVD

質問の衝撃で、気づきの起こる瞬間。これは百聞は一見にしかず、です。本を読んでも"ピン"とこない人のために、DVDを用意しました。

教育関係者を対象に行われた講習会で、リセット禁煙を開発した名鉄病院呼吸器科部長磯村毅(現リセット禁煙研究会代表)が講演した模様を収録したものです。
◇注:家庭用ビデオで三脚で固定録画したものです。演者はよく映っていますが、講演の資料画像は見られません(参考に関連したパワーポイントを同封しています)。音声や講師の表情間合いの取り方などはよくわかります。プロの画質は期待しないでください。価格の5,000円は会への支援の意味もあるとお考えいただけると幸いです。

■「リセ禁DVD」を希望される方は、リセット禁煙研究会東京支部まで、
メール t.kawakami@vega.ocn.ne.jp  または、
ファクス(03-3354-5413) または
電話(03-3354-5411) にて、

・送り先住所
・氏名
・電話・ファックス番号
・希望枚数

をお知らせください。
一本5,000円(送料読者負担)で宅配いたします。
代金は着払、代金引換となります。発送は富山県のリセット禁煙研究会・子ども防衛隊からとなり、遅れる場合があります。


◇リセット禁煙を試みたいという、熱心な、禁煙支援専門医の間で評判となり、多くの感想が寄せられています。その一部を紹介すると、

*******

読むのと実際に見聞きするのではイメージのふくらみがまったく異なります。
磯村先生、ありがとうございました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


磯村先生 
 お忙しい中、貴重な講演のDVDありがとうございました。
本当にお話の持って行き方が素晴らしいですね。
内容が濃いだけでなく、たとえの使い方など、これはマネができませんね。
問いかけを有効に使って、話を切り替えて進めていくのもすごい。
 リセットの真髄がよく分かりましたが、この内容を忙しい臨床の場に持ち込む
のは、やはり本を読ませながらでないと難しいのでしょうね。

(中略)
うまく患者さんが把握できれば、ブリーフセラピーを繋ぎながら、何回
かのパッチなし外来で、できそうな気もしてきましたが・・・
 いずれにせよ、これはぜひ茨城の医師連中にも聞いてもらわなければなりません。
県医師会でまとまりましたら、ご都合のよいとき、一度茨城でお話いただき
たいと思います。そのときはぜひご協力のほど・・・
 ありがとうございました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 はじめまして。愛知県立春日井西高等学校の養護教諭です。7月に行われた先生の講演には都合がつかず出席できませんでした。正直なところ、またいつもの話かなーぐらいの気持ちで、参加できないことに残念という思いはありませんでした。要するにデーターと脅しの禁煙教育をまた聞かされるんだと思っていましたから。私は非喫煙者ですが、夫はスモーカーですし、職場にもたくさんの喫煙者がいて、やめる気のない人に禁煙を勧めることの難しさ、むなしさをかんじています。

 先生の講演の後、参加したという友達に様子をうかがったところ、今までの話じゃなくて、おもしろかったよ、と詳しく内容を教えてくれました。タバコとα波の話には興味があります。その友達によると、前の席に座っていたどこの学校だか知らないけど、おじさん先生が、先生の話の途中で、おもむろに胸ポケットからタバコを取り出し机の上におき、つづいてごそごそと鞄の中からタバコを取り出すと、机の上のと一緒に力いっぱいムギュッとねじってしまったんだとか。少なくとも一人の禁煙には成功していそうですよ。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 25, 2006

自尊心

純:今日は複雑な顔をしてるのね。
健一郎:いやあ、自尊心というやつはなあ・・・。
純:どういうこと?

健一郎:今日、一般外来に40前後の喫煙者が2人来たのね。自分は、診療がすんでから、いつものように、アンケートを示しながら、

◇ニコチンの心理的依存を、気づきの連鎖反応により治療する「リセット禁煙」という新しい禁煙法を開発しています。禁断症状が軽いことが特徴です。興味はありますか?
 ある  ない 
という、質問をしたわけ。

 そしたら、二人とも、興味は示したんだけど、一人は、ちょうど自分で禁煙始めようとしていたところで、「この一箱がなくなったら、上司と一緒に禁煙する約束なんです」といって、でも、自分でやってみます。ということで、終わってしまったのね。禁煙するんだから文句ないでしょ、というニュアンスかなあ。リセ禁はおよびでない。という感じで。

 もう一人は、止める気はなかったんだけど、興味を持って聞いてくれて、時間も取ってくれて、リセット成功、禁煙開始。もう、ニコニコしてるよ。

純:そうねえ。明暗が分かれてしまったわね。最初の人が、本当に禁煙できるか、心配だわね。自信があることはいいことなのかもしれないけど、そういう人は、失敗すると今度は、すっかり「禁煙嫌い」になってしまって、かたくなに、タバコを吸い続ける自分を自己正当化する傾向があるものね。

健一郎:そう。ほんとに、みんな、タバコのことを軽く考えてしまうんだよね。若い人ほど。そして、痛い目にあって、今度は、すっかりダメだとあきらめてしまう。

純:禁煙には、やり方があるんだ。自己流ではうまくいかないこともあるんだ、ということを、声を大にして言いたいわね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2006

◇家庭でできる禁煙支援◇ カウンセリングCD

今日は、マスコミからの取材が4件ありました。
一つは昨日の続きの大阪。もう一つは、朝日新聞のコラム「人」の写真撮影。もう一つは、朝日新聞の路上禁煙に関する広告。もう一つはテレビ名古屋からの問い合わせ。

 取材を受ける、準備をしながら、カウンセリングCD、という、言葉を思いつきました。つまり、リセット禁煙のすすめ―依存を解く魔法のCD―のことです。用意した資料はこんな感じです。

◇家庭でできる禁煙支援◇
   カウンセリングCDを聞いてもらっては?

トヨタ記念病院禁煙外来 藤田保健衛生大学精神科客員講師の磯村毅医師にお話をうかがいました。

路上禁煙条例が名古屋でも実施されていますが?
ええ、受動喫煙の有害性が、明らかとなり、公共スペースでの禁煙が求められています。気管支喘息をはじめ、わずかな煙でも重大な影響の出る病気もありますし、歩きタバコの火が子どもの目に入るという悲惨な事故も起きています。

社会的な流れの中で禁煙を考える人も増えていますね? 
はい。四月からは禁煙外来が保険診療となりました。ニコチンパッチが自費のままであったり、若年者や妊婦が実質的に対象から外れるなど問題もありますが大きな前進です。当院の禁煙外来も予約でいっぱいです。

なかなか禁煙外来にかかる余裕のない人もありますが?
 この数年、気づきの連鎖を起こし、吸う気をなくすという心理的なアプローチが普及してきました。リセット禁煙というのですが、そのカウンセリングを忠実に再現したCDが発売され、自宅で繰り返し聞くことで禁煙する、という方法が試みられています。開発段階では、CDのシナリオを読んだだけで禁煙してしまったという人もあります。

非常に強力なようですね。
特に中年までの現役世代に向いているようです。定時制高校などでも利用されています。

余り難しく考えず、まずは聞いてみてはということですね。今日はありがとうございました。

◇「リセット禁煙のすすめ」―依存を解く魔法のCD― \2,100
問合せは、東京六法出版社 電話 03-3354-5411

| | Comments (355) | TrackBack (0)

May 23, 2006

吸っている人の気持ち

今日は大阪から新聞記者の取材を受けました。
時間がとれず、息子の相撲大会の会場にきていただきました。(^^♪

吸わない人にも吸ってる人の気持ちがわかるように説明したい。ということで、依存症の専門家として私のところへ、尋ねていらっしゃいました。

取材の目的は⇒

「喫煙者が禁煙することに対して抱いている恐れや不安はとても強く、時として喫煙関連疾患に対する恐れや不安より強い」
という文章を読んで、ショックを受けました。これまで一本も吸ったことがない私にとって、想像もつかないことでした。
今回の連載のテーマは「やめたいのにやめられないあなたに贈る愛のメッセージ」です。そういう意味で、この視点は、とても大切なのだと思います。  とのことでした。

  *   *   *

吸っている人の気持ち。吸わない人にとっては確かによくわからないところがありますよね・・・。吸っている人も、「吸わない人に何がわかる」と考えていたりする。特に、禁煙が叫ばれるようになった昨今は。

彼女は、リセット禁煙がその両者を結びつける水路になるように感じたようでした。自分は、禁煙のメソッドという観点で、リセ禁を見ていましたが、確かに、相互理解のツールとして、リセ禁は成立するなあ、特に、非喫煙者に読んでもらう意味はそこにあるなあ。と改めて感じました。

禁煙を勧めるにも、まず、吸ってる人の気持ちをわかってから。ということですね。この記者さんは優しい人ですね。

吸わない人へ。もし、子どもから、
「タバコってどんな味?」と質問されたら、なんと答えますか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2006

満員御礼

愛のリセッター研修会

5/22  下記の研修会は、本日、満員となりました。ありがとうございます。
遠く、富山、長野、茨城などからの参加予定者がいらっしゃり大変に勇気付けられています。
 申し訳ありませんが、第1回分は、これにて締め切らせていただきます。

★第2回を名古屋にて、8/12(土)に、
★第3回を東京にて、9/9(土)に予定

しておりますので、ご希望の方は、お早めに、リセット禁煙研究会東京支部(東京六法出版社)にお申し込みください。よろしくお願いいたします。


 = リセット禁煙研究会 =
    第1回 禁煙支援者研修会 心理的ニコチン依存へのアプローチ

◇  止めたいのに、どうしても吸ってしまう人がいる            ◇
◇  お説教にならない上手な伝え方はないかしら?              ◇
◇  話そうとしても聞いてくれない・・・                  ◇
               こんな悩みに、体系的アプローチがあるのをご存知ですか?
                              
日時 7月8日(土)13:00~16:30 (既に禁煙支援に取組まれている人への実戦的な内容です)
場所 東京六法出版社 会議室 東京都新宿区南元町4-18-202 tel 03-3354-5411
講師 磯村毅 リセット禁煙研究会代表 トヨタ自動車本社診療所医師
定員 10名  参加費用 6,000円 要予約
主催 リセット禁煙研究会 
参加希望の方は 東京六法出版社tel 03-3354-5411 に直接お申し込みください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2006

神奈川県藤野町

今日は神奈川県藤野町で、講演をしました。

 実務に携わっているエネルギッシュな保健師さんが中心で、熱心で好奇心の旺盛な人ばかりで、話していて大変に楽しかったです。友達から聞いて、わざわざ年休を取って聞きに来てくれた人や、二回目という人もあり大変に勇気付けられました。ありがとうございます。
 
 駅まで迎えに来てくれた担当者がたまたま喫煙者だったため、彼に、モデルをお願いしたところ、快諾?してくださいました。それが結果的に皆さんの勉強に大変役立つことになりました。
 印象に残った感想を紹介しますね。

・確かに、周りでタバコを吸っていて禁煙した人を見ていると、性格が明るくなったり、面白いことをそのタバコを吸っていた時間に話したり、おしゃべりになっているような気がする。 

・タバコを止めれば幸せ度が増したり、仕事などの効率が上がること。誰でもタバコは止められると感じました。日本中の人に知ってもらいたいと思います。

・親類のなんとなくイライラしてタバコを吸っている甥にリセットやってみようかと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2006

福山⇒名古屋⇒藤野町

■昨日は広島県福山市医師会で禁煙講演会をしました。第一部で、二回、第二部で二回、合計四人をリセット禁煙ライブしました。

私の冗談にも笑いが漏れる、暖かい雰囲気の中、リラックスして話すことができ、大変楽しい時間をすごすことができました。アンケートに記入してくださった96人から合計116冊の本と、18枚のCDの注文があり、10冊頼んでくださった人が2人もありました。(*^_^*)最近講演の依頼が減っていた中で、本当に勇気付けられました。
ありがとうございます。これからもがんばります(* ̄^ ̄)=3。
どうか、応援してくださいね。ぺこ <(_ _)>

■ 今日の昼は名古屋西南ロータリークラブの昼食会で講演をしました。迫力のある人たちばかりで、圧倒され気味でしたが、興味を持ってもらえたと思います。若年者の喫煙問題を中心にお話して来ました。

■ 夕方からは、マーク・ギブンスさんといって、オーストラリアの看護師さんが、タバコに害を訴えて、鹿児島から、北海道まで、お遍路さん姿で歩いているのですが、その人をホームステイしていただきました。子どもたちと作った、焼きそばと、イチゴの寒天デザート、サラダの夕食を召し上がっていただきました。一番楽しみのしていた長男は、丁度今朝から発熱していて、爆睡中。そこが少し残念でしたから、明日の朝は元気になっているかな?マークさんは、ガンジーの言葉が好きだということです。たった一人で、お金も何もなしに、歩くことと、断食だけで、インドを植民地から開放した偉人です。じぶんも映画と、子ども向けの伝記を最近読みました。大人になってから、興味がわいてきたすばらしい人の一人です。

明日は、神奈川県藤野町で、講演です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2006

統合失調症と喫煙

今日は藤田保健衛生大学精神科教授の岩田仲生先生とお話しました。自分は4月から、ニコチン依存の心理的側面を探るため、岩田教授に誘われて、精神医学教室の客員講師をしています。

統合失調症患者は喫煙率が高く、彼のデータでは80%もあります。
彼は、患者のうち、吸っていない人の認知機能はよいのに、吸っている人は悪く、喫煙後は回復する。という、現象を捕まえており、分子遺伝学的な解析を試みようとしています。彼の仮説はこうです。

「統合失調症の人は、その病態として、認知機能の低下があり、それを補うために、喫煙している。その認知機能低下の原因を分子遺伝学的に捕まえることができれば、それをニコチンの代わりに補う薬を開発できる可能性がある。」
なるほど。魅力的な仮説です。

自分の仮説はこうです。病気のためではなく、ニコチンのために認知機能が低下している可能性がある。禁煙することで、認知機能の回復が見られれば、その根拠となりうる。

 岩田教授もその可能性に同意して、多数の統合失調症患者さんのリセット禁煙に挑戦する、具体的なプランを考えることとなりました。楽しみです。そのほかにも、企業でのメンタルサポートや禁煙支援の今後について、ざっくばらんに話ができました。教授を通じて、よい出会いがあるかもしれません。

明日は広島県福山市で講演です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 15, 2006

「あなたは、どんな人ですか?」

純:なんだかすっきりした顔をしているわね。

健一郎:コーチングのコースで、「あなたは、どんな人ですか?」から始まる、一分間コーチングのクライアント役に当たったんだよ。
 他の人は、この質問に対して「楽観的な人です」とか、「好奇心の強い人です」とか、すっすと答えていたんだけど、自分は、困ってしまって、とっさに出た答えが、
「よくわからないです・・・」

純:くっくっくっ。わかるけど、まじめに答えすぎよ。
健一郎:そう、そのあと、ぼくも、
「基本はまじめかなあ、でも、結構いい加減なところもあるし、一生懸命やってることについてはまじめだけど、それ以外は、いゃ、それは誰でも一緒か・・」とか、ね。

純:それがどうして、すっきりした顔になったの?

健一郎:それはね、その次に、ビックチャンカーとスモールチャンカーという概念が出てきて、物事を捉える傾向を、おおきく抽象的な概念から捕らえる人をビックチャンカー、細かい具体的なことから捉える傾向のある人をスモールチャンカーというんだよ。それで、
「あなたは、どんな人ですか?」というのは、すごくビックチャンクな質問なわけよ。だから、スモールチャンカーにとっては、とても答えづらい質問になるわけで、

純:わかった。つまり、健一郎さんは、「あなたはどんな人ですか?」にスパッと答えられなくて、なんとなく自己嫌悪に陥っていたけど、そうじゃなくて、スモールチャンカーにはビックチャンクな質問は答えにくくて当たり前、と思い当たったということね。
健一郎:そうそう。でもさあ、自分って、結構ビックチャンカーだとも思うんだよね。

純:(;^_^A・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2006

予定表 平成18年5月~

5/12 名古屋市学校保健会研修会 名古屋市教員会館
5/19 神奈川県中田村保健対策協議会講演会
5/17 17:00-20:30 広島県福山市医師会講演会
5/18 WAT支援 マーク・ギブンス氏
5/18 名古屋西南ロータリークラブ 講演
5/20 羽島子供問題ネットワーク喫煙問題プロシ゜ェクトチーム会合
5/28 13:00- 子供をタバコから守る会・愛知 『世界禁煙デー記念イベント』 中京大学ヤマテホール 
5/24 NACK5ラジオ出演
5/24 リセット禁煙CD発売 NACKWITHYOU presents 「リセット禁煙のすすめ」-依存を解く魔法のCD-
5/31 9:00- 金山駅 愛知県世界禁煙デーの催し 
6/1-3 日本呼吸器学会 東京国際フォーラム
6/1-4 国際SIDS学会 子供をタバコから守る会・愛知 ブース設置
6/9 子どもをタバコから守る会・愛知 世話人会
6/13 13:00-15:00 名古屋市北区志賀中学校 禁煙講話
6/19 午後 厚生省班会議(田中班)大阪府立成人病センター
6/20 名古屋市立村雲小学校禁煙講話
6/21 愛知県立古知野高校定時制 禁煙講話
7/4 横浜市神奈川区役所講演
7/8 リセット禁煙研究会 禁煙支援者研修 -心理的ニコチン依存に対するアプローチ- 東京六法出版社会議室
7/18 名古屋市西保健所 禁煙講演会
10/11 午前 名古屋市立中川小学校禁煙講話
10/11 午後 名古屋市西区浄心中学 禁煙講話
10/21 福井県医師会内科医会・小児科医会講演会
10/22 9:30- 産業医研修会 於:福井県医師会館

(5/13現在の予定)
   *興味をお持ちの方はボランティアスタッフとして参加できます。メールでご連絡下さい。ただし、一部の催しではお断りする場合があります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2006

『世界禁煙デー記念イベント』@名古屋

名古屋での禁煙支援ネットワークがようやく整ってきました。
その中で、リセット禁煙の実践の報告が
ありますので、ご案内しますね。

3)の吉田氏と、5)の谷口氏、松田氏、木村氏はいずれも、
当MLのメンバーです。
それぞれ、10分程度、各々の職場でのリセ禁の実践の紹介をしてくださいます。
楽しみですね。(一昨年たった一人で禁煙学会で発表したことを思うと感慨ひとしおです)


■ 子どもをタバコから守る会・愛知 『世界禁煙デー記念イベント』
 Theme : 各職種の愛知県内の連係
  日 時 : 2006年5月28日(日) 13:30頃~ 16:30
  場 所 : 中京大学ヤマテホール
        (名古屋キャンパスセンタービル2F地下鉄八事駅すぐ)
  プログラム :
  ・吸い殻を拾いながら中京大学までパレード
 ビートルズのライブ演奏をはじめに
 1)奈良女子大学 高橋裕子教授
   「子どもの防煙に携わる方々のネットワーク作りについて」
 2)名古屋女子大学 谷由美子教授
    「名古屋女子大学の全員禁煙化について」
  3)「保健所での禁煙支援について」吉田京 前衣浦東部保健所長  
  4)「愛知県薬剤師会の禁煙支援の取り組みについて」
          臼井豊恭 愛知県薬剤師会理事 
.  5)意見交換
・名古屋医療センター禁煙外来看護師 谷口千枝氏
・大垣工業高校養護教諭 松田恵理氏 (喫煙生徒との関わり)
・春日井西高校養護教諭 木村みどり氏 (リセット禁演劇による防煙教育)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2006

学校保健研究部会で講演

純:今日もなんだかうれしそうね。

健一郎:今日は名古屋市の学校保健研究部会で講演をしたんだ。三月に、講演依頼が減っていて心配、という情けないメールを会員さんたちに送っちゃったんだけど、それもあって、推薦してくださったんだって(^^)もう、その話でジーンときちゃった。(:_;)
純:それはうれしいわねえ。(´ー`)

健一郎:養護教諭や保健主事の先生約30人が参加なさったんだよ。あとね、ボランティアスタッフの例の、英会話教室でしりあった、人も飛び入り参加!
純:ほう~☆ 例の「女子高生の気分がわかりますなあ」って社長さんが禁煙して叫んだってとこね。

健一郎:アンケートの感想、みてみて。

・「リセット禁煙」という言葉に感動。タバコニコチン切れのストレスしか解消できないこと等々、すべて新しい学習ができました。(A小学校)

・子供への伝え方。春夏秋冬はとてもわかりやすかったです。ストレスとタバコを吸うという違い、精神的依存についてなど、子供への授業の仕方を変えようと思いました。(B中学校)

・今まで自分が子供たちに話していたことは、おどしてばかりだったなと思いました。(C小学校)

・①タバコによって幸せを得ているのではなく、もともとは、②タバコによって幸せを感じることができなくなってしまったのだということ
今までは①としか思っていなかったので、②という前段階があることを知って驚きました。(D中学校)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2006

ハワイにご招待!?

純:今日はなんだかうれしそうね。
健一郎:そう。一つは、診療の最後に、年配のスタッフのリセット禁煙ができたんだ。もう、その人の職場では喫煙者は二人しか残っていなくて、でも、二年前にパッチで失敗してて、という人でね。セキがとまらないと受診されたんだ。
純:で、勝手にリセットしたの?
健一郎:そう。一応許可は取ったけど。彼はね、僕が禁煙が専門だと知っていたので、その話が出るんじゃないかとビクビクしていたんだって。でも、はじめてみると、とても理解がよくて。最後はすごく感激してくれて。ハワイに招待してくれるって(^^)
なんか、冗談を言うようなキャラの人じゃなかったんで、一瞬、僕も、隣にいた先生もわからなかったよ。
純:いい発見はできた?
健一郎:うん。食後においしいたった一つの条件は?の答えで、「普段吸っていること」というのが新しく思いついた答え。ぴたっと来る感じがした。

健一郎:もう一つ、あれから禁酒しました。という人もきた。自分はよく覚えてなくて、「私、何か言いましたっけ?」と聞いたら、「どうして毎日飲むの?→おいしいから→本当にお酒飲んでおいしいの? 飲まない人も楽しそうにしていない?」みたいな話をしてたみたい。
純:ははあ、リセット式の、禁酒に挑戦しているのね
健一郎:うん。まあね。まだまだこれからだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2006

禁煙支援の事業化

 禁煙支援をする人たちを取巻く、環境の厳しさを感じています (ノ_・。) 

 全国に散らばる仲間たちも、みな、他に本職があって、片手間でやっています。禁煙支援だけでは食べていけないのです。それで、なかなか、継続的な、力のある人や組織は広がらず、各人の禁煙支援のスキルもあがりません。保険診療化は大きな前進ですが、禁煙外来にこられる人は本当に限られるのです・・・。

 なぜ、禁煙はこれだけブームになっていながら、病院から飛び出して、広く人々の禁煙をサポートする仕事を、事業化するのが難しいのか? それは、一つには、リピーターが限られるからでしょうか。常に焼き畑農業のように進んでいかないといけませんから。

 唯一の例外は「禁煙セラピー」のアレン・カー東京ですが、英国本社との関係で、彼らは技術を公開することができません・・・。


 しかし、あえて、私は、その事業化に取り組みたいと思います。

若くて健康な?人の禁煙は、本当に難しいです。たとえば、妊娠で禁煙した人の6割以上が、早くも授乳が終わる頃までに再喫煙してしまいます(:_;)。

 この人たちの禁煙支援には、心理的アプローチ中心の、リセット禁煙が必要だと思うのです。年配者の禁煙とは違うのです。
 
 本格的な心理的対応ができるプロを育てて、それこそ、My Wildest Dream としては、少なくとも何十人という単位で、雇用を生み出したいと思うのです(*/∇\*)キャ。
 
 まずは、4,5人が目標ですが(≧ω≦)

まだ、自分一人も養えないような状態ですが、地道にやりますので、よろしくお願いします。ぺこ <(_ _)>




| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2006

CD誕生(迫る)! あの人に聞かせちゃおう~☆ 

CD誕生! あの人に聞かせちゃおう~☆  活字が苦手な人でもCDなら(^^♪ 禁煙をはじめてからも、繰り返し聞いてフルリセット。吸いたくなっても聞いていると落ちついてくるよ。

<ユニークなリセット禁煙の生い立ちと、
FM局NACK5との出会いが生んだ魔法のCD>

北関東から南関東まで、関東最大の電波圏をほこるNACK5。
その中核番組、あいざわ元気のNACKWITHYOUから「NACKWITHYOU presentsあいざわ元気とDr.磯村のリセット禁煙のすすめ―依存を解く魔法のCD―」が生まれました。

 リセット禁煙とは最新の心理的手法を駆使し、吸う気をなくす禁煙法で、呼吸器科専門医の磯村毅医師(トヨタ自動車本社診療所)が「子供のための禁煙外来」や河合塾との「禁煙で合格」プロジェクトを通じて開発。わずか2年足らずの間に全国的に広がってきました。CD化の発端も、「あれだけ吸っていた番組ディレクターが、偶然リセット禁煙の本を読んで、スパッと止めてしまった」(あいざわ談)からなのです。

Frontsmall_1


 もともと、リセット禁煙は、「何の苦もなく禁煙できた」「目からウロコの連続だった」と口コミ力が強く、書籍版の初版は磯村医師による自費出版、ネット販売のみのスタートでありながら、全く宣伝なしで、急速に広がり増刷を重ねてきました。ラジオでもその特徴は遺憾なく発揮されています。

2006年1月11日、NACK5のゲスト番組に、磯村医師が出演し、書籍「リセット禁煙のすすめ」を紹介すると、その直後より、問合せの連絡が殺到。リスナーからの書店への注文を中心に数日内に500冊を売り上げました。また、放送前は、アマゾンのネット販売ランキングで2万位前後であったものが、最高127位まで、急上昇。その後も、3000位前後で推移しています。わずか1回でのこの反響の経験がNACK5とのジョイントCD作成の決め手となりました。


     =禁煙CDの概要=

NACKWITHYOU presentsあいざわ元気とDr.磯村の
リセット禁煙のすすめ―依存を解く魔法のCD―

(5月25日東京六法出版より発売予定)

ナレーション あいざわ元気(アップフロントエージェンシー)
構成 細村卓也  音楽 村井聡
監修・演出 磯村毅
発売元 東京六法出版 ©Takeshi Isomura, 2006
価格 2,100円

ご希望の方は、東京六法出版 電話 03-3354-5411
へ、FAX03-3354-5413 または、e-mail にて
、郵便番号・住所・氏名・電話/FAX番号・必要枚数
を明記の上お申し込みください。代金は同封の郵便振替用紙にてお支払いください。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2006

あの時やめていれば・・・

今日はT記念病院で禁煙外来の日でした。
四月から始まったばかりなのに、あっという間に予約枠はいっぱいになってしまい、大忙しでした。
担当の看護師さんがとても熱心でかつ、センスのいい人で、リセット禁煙の春まで、マスターしてくれて、
大いに助かっています。
今日は肺がんの人が見えて、
リセット禁煙しました。すごく理解が早くて、食後の一服がおいしいための条件は?
の質問にも、正解!
きっと今度はうまくいくでしょう(^o^)

二年前に、パッチでやめられなかった人で、その後肺がんができてしまいました。
あのときにやめておけばな、とおっしゃっていましたが、とても明るいひとで、
禁煙することで、肺炎などの合併症が防げれば、
少しでも元気な時間が長くすごせると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2006

カール ロジャース

今日もリセット禁煙マニュアルの執筆に取り組んでいます。

やっぱり勉強するといいですね。今日はロジャースについて読んでいて、感心しました。ロジャースの来談者中心療法は戦後の日本の「相談」のイメージを、お説教、説得といったものから、180度転換するほど大きな影響を与えました。

現在日本でカウンセリングや心理療法を勉強しようとすると、来談者中心療法をはじめに学ぶことが多いようです。傾聴・受容・共感といったコミュニケーションの仕方を最初に習うのだと思います。

 ロジャースは元々牧師を目指していましたが心理学に興味を持ちその道に入りました。当時のフロイト派を中心とする伝統的な精神分析を学びながら、自分自身の理論を確立しました。

 彼は医師ではなかったので、フロイトの流れをくむ精神科医たちと戦わなければなりませんでした。1939年ロジャースたちの児童研究部門がロチェスター相談センターとして新しく独立することになったときや、1945年のシカゴ大学でのカウンセリングセンターのときも、彼は精神医学部との対立を余儀なくされました。彼は辛抱強く論争をつづけ徐々に理解者を増やしていきました。そしてついに1957年ウィスコンシン大学に赴任する際、医学部教授との兼任であれば行くと条件を出し認められたのでした! 彼にこうした苦闘があったとは、全く知りませんでした。


ところで、禁煙支援の場合は特に、受容・共感という態度が重要だと思われます。どの喫煙者もお説教されると身構えているからです。
 リセット禁煙の内容はニコチン依存症のメカニズムそのものの内容なので、お説教めいた話にはなりにくいのですが、まずはシナリオに沿って、穏やかな雰囲気で話を進めます。そうすると次第に、いつもの話とは違うな、と相手もわかってきます。そして心を開かせることになります。

 ある看護学生は、「どんな話をするのか心配だつたが、せめられることもなく、過去の話をいろいろ聞かれることもなく、今のタバコを吸っている仕組みの話で興味がわいた」と感想を書いてくれました。リセット禁煙や認知行動療法は、ロジャースの来談者中心主義と組み合わせると効果を発揮しやすいと思われます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2006

今日は、家族と八ケ岳に旅行に出発しました。2泊3日の予定です。信州は桜が咲いていて、とてもきれい。リセ禁マニュアルの続きを書きたいけど、子供たちがさせてくれないだろうな(^^) 皆さんはゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?
 

 = リセット禁煙研究会 =
    第1回 禁煙支援者研修会 心理的ニコチン依存へのアプローチ

◇  止めたいのに、どうしても吸ってしまう人がいる          ◇
◇  お説教にならない上手な伝え方はないかしら?          ◇
◇  話そうとしても聞いてくれない・・・                  ◇
               こんな悩みに、体系的アプローチがあるのをご存知ですか?
                              
日時 7月6日(土)13:00~16:30 (既に禁煙支援に取組まれている人への実戦的な内容です)
場所 東京六法出版社 会議室 東京都新宿区南元町4-18-202 tel 03-3354-5411
講師 磯村毅 リセット禁煙研究会代表 トヨタ自動車本社診療所医師
定員 10名  参加費用 6,000円 要予約
主催 リセット禁煙研究会 
参加希望の方は 東京六法出版社tel 03-3354-5411 に直接お申し込みください。

■リセット禁煙とは■ 受験生などストレスを抱える人のために開発された新しい禁煙メソッド。気づきの連鎖反応を起こすことで、吸いたい気持ちの軽減・消失を図る。短期間で禁煙を開始でき離脱症状が軽いことが特徴。東京女子医大、トヨタ記念病院などの禁煙外来をはじめ、特別な薬剤・器具は必要としないことから、学校、職域、地域保健の場でも次第に広がっている。コーチング・認知療法・論理療法などの要素をパッケージしたシナリオ化された面接法を用いる。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

第1回 禁煙支援者研修会

  = リセット禁煙研究会 =
 第1回 禁煙支援者研修会 心理的ニコチン依存へのアプローチ

◇  止めたいのに、どうしても吸ってしまう人がいる         ◇
◇  お説教にならない上手な伝え方はないかしら?         ◇
◇  話そうとしても聞いてくれない・・・                 ◇
               こんな悩みに、体系的アプローチがあるのをご存知ですか?
                              
日時 7月8日(土)13:00~16:30 (既に禁煙支援に取組まれている人への実戦的な内容です)
場所 東京六法出版社 会議室 東京都新宿区南元町4-18-202 tel 03-3354-5411
講師 磯村毅 リセット禁煙研究会代表 トヨタ自動車本社診療所医師
定員 10名  参加費用 6,000円 要予約
主催 リセット禁煙研究会 
参加希望の方は 東京六法出版社tel 03-3354-5411 に直接お申し込みください。

■リセット禁煙とは■ 受験生などストレスを抱える人のために開発された新しい禁煙メソッド。気づきの連鎖反応を起こすことで、吸いたい気持ちの軽減・消失を図る。短期間で禁煙を開始でき離脱症状が軽いことが特徴。東京女子医大、トヨタ記念病院などの禁煙外来をはじめ、特別な薬剤・器具は必要としないことから、学校、職域、地域保健の場でも次第に広がっている。コーチング・認知療法・論理療法などの要素をパッケージしたシナリオ化された面接法を用いる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2006

当時の社会の影響なんだろうか。医師国家試験の勉強に・・・

 「麻薬と覚せい剤」は戦前1927年生まれの、田所作太郎医師が70歳の時の著作である。
気骨のある文章で、大変に感動した。逆耐性(断薬後いくら長時間を経過してもごく少量の使用で簡単に再燃したりフラッシュバックがおきることの動物モデル)の専門家で、禁煙についての記載に共感した。いわく
「喫煙者の80%近くが禁煙したいと願っているという。しかし努力しても無駄であることを痛感し、禁煙運動の前に卑屈に沈黙している。タバコ依存からの離脱を促進する科学的方法が皆無の現在、私は研究者の無力に悲しみを覚える。ニコチン・レジン複合体のガムやパッチは、確かに喫煙欲求の一時的軽減に有効である。しかし喫煙独自の満足感を得ることはできないので、すべての禁煙試行に有効とは限らない。喫煙者にとって覚悟さえすれば数日の禁煙は可能であろう。しかし数週後から半年にいたる喫煙欲求のほうが問題だと思う。

衝撃的だったのは戦後の覚せい剤(ヒロポン)大流行の記載である。敗戦後日本人は目標を失い虚脱状態に陥り、道徳・秩序が揺らいだが、こんな暗い社会に軍部や製薬会社に貯蔵されていた大量の覚せい剤が放出され安価で売りさばかれたという。一部引用してみよう。「1949年に都内の国立病院でインターン中であった私は、精神医学の研修のため有名なM精神病院に約1カ月間通った。当時は終戦後間もないころで、都内の各所にはまだ空襲の残骸が残され瓦礫の山が見られた。しかし覚せい剤乱用の流行がすでに手に負えなくなりはじめた頃で、精神障害に陥った多数の若者たちが病院へやってきた。この強烈な印象はいつまでも私の脳裏に焼き付き、その後の研究に強い影響を与えた。薬物依存に関する実験的研究をしながらもしばしばあの頃の診察室の光景があざやかに思い出された。」この後である!

「私は1950年に医師国家試験の受験勉強のため何回かメタンフェタミンの皮下注射を試みた経験があるが(当時は覚せい剤は規制されていなかった)、不眠に悩まされることはあっても能率がよくなったとは到底思えなかった。」「当時の上野ドヤ街における覚せい剤乱用者は95%にものぼり、銭湯にいくと10%以上の者の腕に注射のあとが見られた」という。
 なんと田所先生自身が試していた・・・とは。身近に薬物があることの恐ろしさを痛感した。百年後には、きっと医師国家試験の勉強の合間にタバコを吸ってがんばった、というような記載が、衝撃を与えるような世の中になっていてほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2006

ブログ再開

5/3
 最近、ずっとブログを書いていなかったのですが、経沢香保子の本の影響を受けて、少しずつでも、信用を積み重ねていくことが大切で、そのためには、まめにブログを書いたりすることが基本だったりする、ということで、決意を新たに、再開することにしました。
 今日は、朝から、「リセット禁煙マニュアル」を書いて、昼から三人の息子とキャッチボールに行くつもりが、ブランコで靴投げをしました。公園の先の花壇の向こうの路地まで届く、ハイレベルな争い。小5の長男は途中でブランコから落下!
それだけでくたくたになりました。
 「リセット禁煙マニュアル」はリセット禁煙のモデルシナリオの入った、すごく実戦的な内容です。なんとか、7月中に出したいのですが、ちょっときついかなあ。

001_1


リセ禁マニュアルを書くためにこんな本まで買ってしまいました。さすがにディープです。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | June 2006 »