« December 2005 | Main | February 2006 »

January 25, 2006

禁煙治療の保健診療化を守れ!

http://www.jti.co.jp/JTI/attention/20060123.html

これは、ある会社が厚生労働省の、禁煙治療の保健診療化に反対して作ったものです。
とにかく、一度のぞいて欲しい。すごく、刺さる内容です・・・。


その、禁煙治療の保険診療化ですが、厚生労働省では、1月18日~1月27日(あと2日)まで、パブリックコメントという、一般から意見募集を行ってから、最終決定を行う予定です。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2006/01/s0118-6.html


「現状では、組織力に勝るJTから圧倒的な保険診療化反対の意見が寄せられ、厚生労働省が身動きできない状況になる可能性が高い」という、情報もあります。みんなで、意見メールを送りましょう。

例えば、

禁煙治療の保険診療化に賛成です。
当たり前です。
愛知県名古屋市 40代男性。 医師

これで、OKです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

良くわからない抱擁力

2004年6月**日に名鉄病院にて、磯村先生にかかりました。
とは言っても偶然・・・
6月**日は長男の誕生日だったので、よく覚えているのです。
ただの風邪で先生で受診し、『のどが痛い!!』と言っているのに
肺のレントゲンを撮られ、変わった先生だな~
と思いました。風邪の問診が、いつのまにか『禁煙・喫煙』の話に
・・・
タバコを止める気なんて、サラサラ無く、禁煙なんて考えたこともなく
ただ、『何故タバコを吸うの?』と聞かれて僕もあいまいな返答。
結局、磯村先生から『ゲームをしよう!!』と誘われ、たまたま僕のポケット
には最後の一本の入ったタバコの箱。『そのタバコを最後の一本にして
みたら。』と言う磯村先生の言葉。
一年半経った今でも、次の一本は吸っていません。
子供が三人いてそのうち二人が小児喘息。空気清浄器の前だから
と、自分に甘え、子供を省みなかった自分に反省しました。
そして今日、タバコをやめてから一度も発熱を伴う風邪をひいていません。
僕以外の四人がインフルエンザで寝込んでいても、僕だけ健康です。
(○○は風邪ひかないって・・・)先生に感謝って言うより、その良くわからない
抱擁力に脱帽です。
何度か自宅に電話を頂き、昨年電話で少しお話できました。
『その後どうですか?』先生の魔法に今でもかかっています。
そしてその魔法は、周りにも波及し努めています。
ネットで色々検索し、このブログのメールで先生に届くかわかりませんが、
もし、磯村先生に届いたらまた、お話がしたいです。

現在31歳喫煙歴は十ウン年でストップしましたが、禁煙歴は継続中です
また会えることを楽しみにしています。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 21, 2006

バレンタイン セッション =愛の禁煙をあの人に=

2
意外と見えない足元を、照らすランタン用意しました。
ちょっとしたきっかけから、幸せの歯車は回り始める。
この夕食会での出会いが、そんな扉を開ける鍵になりますように。

=☆ 講師は、ニコチンの心理的依存の第一人者、磯村毅医師。子供のための禁煙外来、大手予備校での「禁煙で合格プロジェクト」を通じて、リセット禁煙を開発してきました。禁煙とは、楽しみを失うことではない。タバコを吸う前の、もっと生き生きした本当の自分を、本物の幸せを取り戻すことだ。あわてて禁煙しなくても、こころで感じる真実の話は、いつか必ず芽を出すのです。

【日時】2/14(火)  12:00~14:00

【会場】 ナチュラルホテル エルセラーン 12F レストラン桂 
(名古屋駅新幹線出口すぐ)
【参加資格】 お互いを本当に大切に思う、幸せになりたいカップル。
既婚・未婚、禁煙する気持ちの有無は問いません。2組限定
食事付き。飲酒はできません。予約要。問合せは、052-671-7339 まで。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

あなたに中に眠っている宝物

あなたの中に眠っている宝物を見つける本。それが「リセット禁煙のすすめ」だと思ってください。

いいにくいことですが、私の本心を申し上げましょう。それは、この本を読むまでは、あわてて禁煙をはじめて欲しくないのです。なぜなら、心の依存が解けないまま禁煙を始めると、「井戸を掘るわな」と呼んでいる、いつ果てるとも知れぬ地獄が待っているからです(メタ認知の狭小化といいます)。

* * * *

まだ禁煙するな!

なぜ食後や酒席で吸いたくなってしまうのか?
なぜ間が持たないと吸いたくなるのか?
なぞが解ければ、依存も解ける。

それが、数多くのスモーカーの涙と笑いの末に生まれた、この新メソッドだと思います。

◇吸ったままでかまいません◇
心を静めて、壊れ物を扱うように読んでください。このメソッドはまだまだ非力。依存を解くカギは、心の中の最も触れにくいところに隠れていますから・・・。

筆者 磯村毅より 

追伸1: 信じようが信じまいが、喫煙者のあなたの中には、非喫煙者は決して持っていない、宝物が眠っているのですよ。

追伸2: 禁煙支援をしたい人に。学問的に説明すると、リセット禁煙は、体系化された質問群による、シナリオ化された面接法。これにより、気づきの連鎖反応を起こし、喫煙欲求を減弱、消失させることを狙います。面接技法は、シナリオ化されているため、カウンセリングの専門家でなくても、試みることができます(巻末に手引きがついています)。希望を持ってください。人間が変わるための方法は、二つしかない、と読んだことがあります。それは、人との出会いか、本との出合い。あなたがその人になれるのかもしれませんから。

*あるクローズドのソーシャルコミュニティに投稿した文章を再掲しました

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2006

よき禁煙支援者とは

 現在、磯村はコーチ21のCTP(coach trainig progrm)をとっています。そして、1人のコーチについています。それから、コーチの学習には実践が必須なので、同時進行で、昨年からクライアントを1人、今週中には、さらに5人の人を相手にコーチをさせていただく予定です。
 その体験で得られた気づきを、リセット禁煙の中に、還元つしし、文章化していきますね。

◇アセスメントとは?
 コーチングのコースを取っていたとき、よいコーチの度合いを測る、アセスメントを作るという課題が出たときがありました。私はそのとき、いきなり指名されて、うーん、とうなったあげく、ちゃんと話が聞けるとこ、と答えました。他の参加者たちも、それぞれに頭をひねりつつも、クライアントが自由に発言できるとか、行き詰っているときに気づきを与えられるなどの答えが出ました。

◇禁煙にコーチングは向かない?
 禁煙支援者に当てはめるとどうなるでしょうか。よき禁煙支援者とは?実は、禁煙にコーチングは不向きであるといわれています。それは、コーチングは、本人の力を引き出すことで機能する仕組みだからです。喫煙がニコチン依存症である、ということの、本質にてらせば、本人の力ではコントロールが困難なのが依存症なのですから、コーチングでは限界があることがわかります。具体的には、喫煙者は、頭では禁煙したい、心では吸い続けたい、という、分裂状態にあるので、力を引き出そうにも、その力がお互いに打ち消しあってしまうのです。そして、止められなくて、惰性のままに喫煙だけが続いていくという状況にあるわけです。

◇頭と心
 ですので、話をいくら聞いても、自由に発言してもらっても、本人の頭と心が代わる代わるしゃべって堂々巡りになっているのを聞いているだけ、ということになってしまいます。一般的な禁煙支援では、ここで、禁煙したいという側に、一方的に肩入れして、止めたくないという側を圧倒しよう、あるいは、うまくすり抜けよう、とするわけです。これが、努力型禁煙ですね。いつまでも、葛藤状態が長引くことが予想されます。

◇コーチングに学ぶ点
 となると、禁煙支援でコーチングから学ぶべき点があるとすれば 、それは、やはり、いかに気づきを与えて、行き詰まりつまり、葛藤状態を打破するか、という点になります。つまり、よき禁煙支援者とは、喫煙者の心が吹っ切れるような気づきを与えることができる。といえるでしょう。実は、禁煙の場合、一つ二つの気づきでは不十分のため、単なる気づきの領域を超えているのですが。

◇深いレベル
 どこが超えているかというと、多数の気づきが要るということだけでなく、まず、依存症の現実を、積極的に知識として与える必要があるという点です。どのような知識を与える必要があるか、というのは、リセット禁煙の最も重要なテーマです。説得力のある、科学的・客観的データと、実感でき共感可能な、適切な比喩が用意されなければなりません。しかし、知っているというレベルと、実際に行動に移すというレベルとの間には、深い溝があります。その深い溝をこえる手段として、コーチングの手法、つまり効果的な質問を作るという技法を用います。これによって、単なる知識は、本心からの気づきとして、深いレベル、つまり、行動変容に結びつくようなレベルとして理解されるのです。

◇よい禁煙支援者とは?
 ですから、リセット禁煙の場合、よい禁煙支援者とは、単に話をよく聴いたり、知識を与えることができる人ではなくて、しっかり伝えた知識を与え、それを元に、新たな気づきを起こす会話を作り出すことができる人ということになるのではないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2006

NACK5 -その3- リセ禁CD ゼティマより?!

◇このまま突っ走ります?(前半)
催眠法の話でもりあがったまま、前半に突入し、軽いタバコのうそ、1本でもダメの話し、口さびしいのはなし、
肺がんの話とあちこち飛んで、これは、言っておこうと思ってた、オカマの話も、受けて、と、そこで、交通情報。
そのタイミングで、構成作家の細村さんが、ファックス片手にコメントしたのが「このまま突っ走ります?」というせりふ。つまり、しゃべりで突っ走る?という意味のよう。それで、手渡したファックスには、夫を止めさせたいが妻の私が読んでも無駄でしょうか、という内容。ここで、交通情報終了

◇さらに盛り上がる後半
そのファクスを紹介して、私が、二冊買って、妻は一階で、夫は二階で読み始め、途中トイレに降りてきた夫が、消え入りそうな声で「今度は止められるかもしれない」といったという、そしてそのまま禁煙してしまったというエピソードを紹介。それかこれやで、あっという間に、1時間。早かった。

◇ゼティマ!?、モーニング娘。?
そのあと、またもや、相沢元気さんが言うことには、聞いたらやめれるCD作らないか?うちの事務所は、モーニング娘。とかのゼティマやらなんやらで(磯村にはよく理解できていない)、スタジオで、CD作るのは簡単だし、自分が読むし、できたら、NACK5でバンバン、プロモートするし、と。私は完全に不意をつかれて、思考停止状態。w(゜o゜)w

◇ギャラも出たぞ!
スタジオを出ると、細村さんと、製作部の山村さんが、ニコニコで、よかったですよ。ありがとうございます。
また、機会を作って出ていただけますか等々。そして、なんと、ギャラも出してくれたのだ。もっとも、交通費を考えると完全に赤字なのだが。それでもうれしかった(^o^)

さあ、余韻に浸っている暇はない。夕方からは、大森で、ディスコの人たちが待っている。Let’s Go!

| | Comments (657) | TrackBack (0)

January 14, 2006

NACK5 -その2-

◇構成作家の細村さん
 中に入ってはじめにお会いしたのは、若くて名前のとおりほそーい、僕と同じくらいか?細村さん。
すごく柔和な感じで、ぜんぜん業界人のにおいはなし。そこで、彼の用意した進行シナリオを元に、やさしい語彙を使いながらも、結構、レベルの高い話をしたと思う。つまり、予想される、リスナーの分析と、反応の予測、それに合わせたコンテンツのすりあわせである。結果的には、ここで、方針が非常に明確となったことと、それが的中したことで、大反響を呼ぶことができたのだと思う。目立たないけど、細村さんの力が大なのである。
 細村さんは実はスモーカーで、作戦会議のときにそれがわかって、しかも「いつでも止めれると思うんで・・」という最も手ごわいパターンで、リセットしたい、でも、仕事の打合せしなくちゃ、などと思いつつ、いつでも止められるに対するカウンターパンチ(*末尾参照)だけは放っておいた。

◇作戦会議
 実は、私は深い迷いを抱えて、NACK5を訪れていた。それは、脳波をめぐる2ステップの話や、ドーパミンの話などをどこまでするか、ということだった。ある意味これをしなければ、リセ禁の本質には、触れないことになる。しかし、短いしかもCMなどで細切れとなる放送時間の中で、気づきの連鎖反応を起こすことは至難の業である。しかし、細村さんと話すうちに吹っ切れた。脳波の話は切ったのだ。彼は、この時期受験生にとって、タバコは受験の妨げというのは、刺さる、この話題から入りたいといった。

 それから、若い女性の喫煙率の上昇、このことも本当の危険を伝えてぎょっとさせて欲しいと。それから、朝から入っているメールやファックスをたくさん見せてくれた。十数枚はあったと思う。夫を自分が読んでも無駄かしらとか、私はこうしてやめましたとか、いろいろね。それで、リセ禁の視点を伝えるワンポイントの話と、みんなの知らないぎょっとするようなタバコの恐ろしさの話をちりばめて、エンターテイメント面に集中し、とにかく興味を持ってもらうことに徹する方針となったのだ。それから、本の紹介に持っていく。確かに、ラジオを聴きながら、リセット禁煙できるほど、ニコチン依存は甘い話じゃないわけで、ちゃんと本を読んでもらったほうが、中途半端なことをするより、ためになるのである。
 
 そんな超知的な判断を必死にしている合間にも、DJの相沢元気さんが、パワフルに、「禁煙を考えておられる方は、今日の12時だい、リセット禁煙の磯村毅さんをお招きしております。お聞きの逃しなく!それでは音楽です・・・」なんてやっているのが聞こえてくる。確かに、エキサイティングな職場だ。ワクワクしてくるぜ(病院とか救急車とかも別の意味でエキサイティングなんだけど)。

◇プロローグは20万円
プロローグは、予定通り、受験生の話から入ったのだが、相沢さんが、「私は、吸っていたんですけど、よーく自分を観察すると、タバコを吸った後は勉強がはかどらないんですよね」なんて、いいだすもんで、私は、焦りつつも、「ふつうは、タバコをすうと集中できる」なんていうですれどね、そうなんですかあ。ピクピク・・・。という具合で始まった。そのあと、直前に入ってきたメール、妻が20万円あげるから禁煙して、というので、思い切って禁煙した。その金は使ってしまったので、吸いたかったけど、禁煙を続けるしかなかった、という、お便りを相沢さんがハイテンションで紹介して、僕が、一生懸命雰囲気に合わせて、「その20万円というのは、奥さんにとってきっと、すご~く大金だったと思うんですよ」といったら、大爆笑。「それが通じて、コリや本気だ、と、それがきっかけで禁煙したんでしょうねえ」なんて具合で、少しほぐれて、そのあとは、相沢さんのリードが圧倒的にすばらしく、どんどん面白いように会話が転がり始めました。そのあとまずは、一曲

◇看板DJ、相沢元気
 この曲いいですよね~、誰それがほにゃほにゃの時のほにゃほにゃが、と相沢さんはいいつつ、私は、わかりもせずにうなづきつつ、わかったことは、彼は催眠術ができるということだった。パンと手をたたくと泣き始めるとか、体が棒のように固くなるとか、そんなショーのようなこともできるのだという。へえ~、と思いつつも、彼がリセ禁に理解が深いのがわかる気もした。オープンマインドな人なのだ。
 プロフィールを読むと、「パワフル」なのに「ダイエット」してる。「うるさい」けれど「犬が好き」。とか、わけのわからんことが書いてある。でもすごいなと思ったのは、レギュラーの欄で、

05-12-31
FM NACK5「NACK5 SUPERCOUNTDOWN 2006」生中継 21:00-25:00
FM NACK5 「NACK WITH YOU」(月~木) 9:00~12:55
FM-Fuji 「カウントダウンコネクション」(土)10:00~16:00

となっている。こりゃ、NACK5をしょって立つDJではないか。


*いつでも止められるに対するカウンター

恋愛でたとえてみましょう。大好きな子に一週間会わなくて、一ヶ月会わなくて平気だったからといって、
もう、これで一生会うことはない、本当に分かれる、となった場合、それって一緒のことでしょうか? 別のものではないですか?

そこに、論理の飛躍はない?自分をごまかしていない?

| | Comments (371) | TrackBack (0)

January 13, 2006

NACK5ゲスト出演 

◇NACK5とは?
 関東で、埼玉から横浜まで、最も広い受信エリアを誇る、FM放送局ナックファイブ(79.5MHz)。浦和レッズなど、FM局としては、異例のスポーツ中継を手がけるなど、知る人ぞ知るHOTな放送局なのだ。スタジオは大宮、全身はFM埼玉。

◇リセット禁煙との縁は?
なんと、リセット禁煙が、初期のモデルとした、禁煙セラピーのアレンカー東京の人から、紹介があったという、摩訶不思議な縁。
ところが、今や、禁煙セラピーのセラピストたちと、リセット禁煙研究会のメンバーは、お互いに、切磋琢磨しあう間柄。といっても、禁煙セラピーは、イギリス本部とのライセンスの関係で、見学はできないのですが・・・。リセ禁の方はオープンで、あるセラピストは、リセ禁の研修会にも参加して、認知の勉強をされています(^o^) もっとも、磯村先生は、禁煙セラピーのセラピストが受動喫煙に耐えて、6時間のセッションを担っているを知って、その自己犠牲の精神に、「本当に、頭が下がるけれど、気の毒なんだよねえ・・・」と複雑な表情。リセ禁なら、長くても、1時間、タバコフリーなんだけど。

◇NACK with you にゲスト出演
 実は、この放送局の看板DJを勤める、相沢元気がキーパーソン。この人は以前から、リセット禁煙を応援してくださっていて、最近、局の若い子が、リセット禁煙読んで止めた、ということも手伝って、ますます、ヒートアップ。前回に続いて、今回は、生出演で、リセ禁をアピールすることとなりました。 感謝(^o^)

◇富山から、雪の中を愛車で駆けつけた、岩崎博忠研究員!
前日夜、出発して休み休みで、大宮へ。その根性もすごいけど、やはり25才の若さがうらやましいぞ。この人は、F1トヨタのラルフ・シューマッハか゜タバコ嫌いであることに注目。以前ウィリアムスはグラクソがスポンサーで、タバコフリーとロゴの入った車を走らせており、それをトヨタでリセ禁ロゴで再現したい、なんて、すごい発想だよね。
ということで、2人とも一時間前にはもう大宮に着いていたのだ。

◇放送局に一歩はいると

060111_13000001

それが、この写真。Welcom 磯村毅様 NACK5 のおしゃれな看板にびっくり、そしてホンワカ。
中に入ると、構成作家の細村さんと対面。打合せにはいる。(続く)

| | Comments (121) | TrackBack (1)

« December 2005 | Main | February 2006 »